私は昔から漫画の様な感じでシミがあって自分ではシミだと思っていました。

周りの人にその事を言うとソバカスだから可愛らしいじゃんと言われるのですが、どうしても気になって仕方がなかったです。

20を過ぎたあたりからその辺りが気になりだして、これは身体の内側からできるものだから体内に取り込む系の飲料や基礎化粧品を使う様になりました。

お肌の調子によっては薄く見える時もありますが、消えることはありません。

現在アラサー真っ只中ですが、やはり消えることはありません。

年齢も相まって完全にシミと呼べる様な感じになってきました。

今思うともう少し若い頃に何かしら対処をしていたら今よりも改善されていたかもしれません。

若い頃は大して気にもせず、日に当たる機会も多くまぁいいやという気持ちがとても大きかったので早めに気づかせてあげたいと思います。

そして未だにソバカスとシミの違いがわかりません。

若い子向けの雑誌には化粧の仕方や化粧水の種類などは多く掲載されていますが、ソバカスやシミのことに関してあまり見かけない様な気がします。

後々私の様に悩み出す事なので、若い頃から知る機会があってもいいんじゃないのかなぁなんて今では思います。

シミに気付いたのは

私はいわゆる敏感肌で、アトピーもあります。

なので、かつてはファンデーションで肌のアラを隠したい一方、塗れば塗るほど肌は荒れていく一方…。

そのため、20台前半から、ファンデーションは塗らない方向にシフトしていきました。

日焼け止めも、なかなか刺激の強いものが多くて、塗っては荒れるを繰り返すのでほとんど止めてしまっていました。

その結果、肌質は以前より良くなっているのですが…

25才を過ぎた頃から、頬っぺたの一番高いところに点々と細かいシミが急速に増えてしまったのです!

一度出来た染みはなかなか消えなくて、真剣に鏡を見ては、落ち込む日々…。

しかし、今もファンデーションは塗りません。代わりに模索した結果、現在も私が行っているケアは、すごくシンプルです。それでもシミの増殖は抑えられるようになったと思います。

そのケアとは、まず朝の保湿をきちんと行うこと。日差しに負けないように、朝のケアを怠らないことです。夏はとにかくジェル状のオールインワン化粧品などでもいいので、水分をしっかりあげることが大切です。

それから、韓国の美白クリームを塗っています。肌のトーンを上げてくれるものを選ぶと、ファンデーションなしでも明るい肌になれるし、何より崩れることがないので、汗っかきさんにもおすすめです。

最後に、ORBISさんの日焼け止めは、肌に優しいのにベタつきも刺激もないのでそれが一番の秘訣だと思います。しっかりたたくように顔全体にのせて、軽くフェイスパウダーで仕上げるんです。

このケアは、なんと言っても落とすのが簡単!こすらないので、日差しで弱った肌をいじめません。やっぱり、肌をいたわるってことが、これ以上増やさないシミケアにとって、一番の秘訣なのかもしれません。

今注目のオールインワンジェルはコチラ

35歳をこえたあたりから

20代まではさほど気になることもありませんでした。

正直、日焼け止めをきちんと塗る、お肌の手入れをしっかりするといったケアーをずぼらゆえにきちんとしていたとは言えません。

そして、30代を迎えました。今まで気にならなかったくすみが気になるようになり、そして小じわも目立つようになりました。

そして、35歳を迎えたある日のことです。

昨日まではなかったようなほくろらしきものが。

最初はほくろだと思っていました。でも、違っていました。まぎれもなくそれはシミでした。

前までなかったシミが気になりだすと、あれよあれよという間にシミができているような気がして、鏡をみるのが怖くなりました。

吹き出物のあとは、もう決まってシミになります。前まではそんなことはなかったの吹き出物すらも恐怖です。

クリームや食事、サプリメントで肌の弾力やくすみは改善のよちがありますが、シミは違います。

速攻力のある化粧品もありません。毎日少しずつ、シミ対策用の化粧品を使用してもこれといった効果もなくひたすら化粧品でシミを隠す毎日です。

そんなときに出会ったのが、炭酸パックでした。わたしの肌質にこの炭酸パックはぴったりでした。

毛穴を引き締める効果も同時にあるので、小鼻の毛穴などもさほど気にならなくなり、一度でシミが薄くなった効果を実感できる化粧品です。

シミに効果的な化粧品をご紹介!